メイン | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月28日 (水)

あなたの微笑みは私が今生唯一の伝説です

その時、時間はとてもゆっくり、ゆっくりと、一生を一生愛して一人に行くことができて。
まだらの古い時間、あなたが当初離れた場所數碼通月費に戻って、当初からいくつか勇気と執着して、今、またあなたの手は頂上で星を見て星を見ます。
(1)
あの年の冬、雪が次々と降って、あなたはそのようにして、私の目の視線と心の押し入りに侵入することはできない。私は考えていません。君は冬に咲く梅の花なら、それは上品で清楚な私の目の中、私の体に刻んで。
キャンパスの小径はかつて前と同様に蕭条して、ただ1一抹昨日の色彩が少なくなりました。あなたがかつて見たことがある1株の桃の花の木はまだ、桃の花はすでにかつてないほど輝いていた。あなたが一番好きなあの《紅楼夢》は今も柔らかいほこりに落ちている。殘の思い出は以前ほどはっきりとはありません、あなたが殘した感じはまだあの小さい町の遊蕩になっている感じです。
プリーツスカート膝、白シャツの第一個のボタンに到着している首、襟元のリボンに整然と係のリボン。すべてが私の夢の中の境地になって、私は懸念するのはあなたの渦を愛して、解脱の法門の法門になることができない。
あなたがかつて最も愛した2つの金魚の最後それともあのあなたの離れた冬の、私はとても心に気を使います。
口足藝術家の家の前の柳は去年は道路工事にも取り留めるなかったから、以前と同じように無能だよ!お前は以前と同じような変なのか?
年の夏、その柳の下で、釣りの境地は、傻傻のすべての魚はすべて逃して、それは私の釣り史上最初の空手である。家に帰って、自分の幸せな家に帰っていって、あなたは言います:家に帰って、自分の幸せな家に帰ります。しかし今あなたは私の幸福を歩いてまたそこにあるか?
あなたが私にくれたのは、この『寒55五年全集』です。君になりたいと同じようにって有名作家の私もないよ、今もその牛の角を蜂が刺すの文字を書いているあたり、新年の時、パソコンにいっぱいのドキュメントを見て私がとても悲しいは悲しい。私も私も彼らが私を見ることができることを望んで、私の第1個の読者はすでに私に行って、私はすべてのものはすべて私自身と記憶の中のあなたに書く。
2013年に私はあなたの誕生日を見ていて、それらの照明や花火が私の目の前に見ていて、時間は私の掌の間の流れを見て、あれらのかつての過去の歳月私の掌の間にうねるが頭の中でこだまして、私は突然感じいい悲しみ憂いと悲しみ。身の回りの友達は私はあなたを思い出して、あなたを思い出します。誕生日の晩に私と私のあれらの良い友達と一緒に過ごして、私はあなたと何度も言った小さな玄子、小狂人、陈超・・・。私は毎日無数の人に言って、大学は交際の範囲を拡大することと言って、しかし私は私が自分をこの固定の輪に閉じ込めたくないで、あなたは私を嘲笑することはできないでしょう!
以前は文字を書き、今も長い長い間預見更好的自己、長い間、デスクに置いてある原稿用紙を見て、私はとても悲しいことができます。私は、いつか私は、私は、最初の感じは、私は、あなたの死のために、私は知っていると思うたびに、私は知っています。君が離れた昔から、私は独りで、孤独と想いを。

2016年9月15日 (木)

この暑さは、まだ夏で良いと思うんだ。

まてまてまて……

季節が進むの早喜運佳すぎだろ。

こんにちわ、ゆーまです。

なんでしょう、商戦的にしょうがないとは思うのですが、

先日、イオンで―

ハロウィンコーナーが設置されているのを見たときは、戦慄が走りました。

あと、コンビニのおでんね。

通称、店員殺しのおでんね。

なんでこの時期におでん?

って思ってる人もいるかもしれませんが―

この時期からおでんを展譽一鐘錶開しておくことで、

本格的に寒くなったときに、

「ああ、そういえば、あそこのコンビニ、おでん売ってたから寄って行こう」

って誘導することができるんですよ。

そのために。

そのためだけに。

毎晩、売れないおでんを捨てては作り直す、コンビニ店員。

もうね、アレですよ。

意味のない行動を繰り返させることで、精神を破壊する拷問ですよ。

ひたすたネジを締めさせたあとで、それを外させるみたいな。

レジ横に置いてあることでの物理的な熱さと、

ムダに食べ物を捨てる罪悪感との波状攻撃は、

まさに店員殺しッ!

廃棄のロスよりも、

集客によって得られる香港 レストラン売上のほうが上なんですって、奥さん!

すごい国だね!


……あれ?

何の話でしたっけ?

ついつい、取り乱してしまいました。

過去のトラウマが蘇ってしまって、申し訳ありません。

あ、一応。

私が過去に働いていたコンビニの話なんで、

全部がそうだとは限りませんからね。

えっと……

何を書こうとしてたのか忘れてしまったので、

とりあえず、

レジを打ってたら、野沢雅子さんが来たときの話でもします?

2016年9月14日 (水)

金庫

「兄ちゃん、この金庫開けれるかなぁ?」

あるリサイクルショップの方が手提げ金庫をお持ちになられました。

お話almo nature 狗糧を聞くと、お客様から引き取った金庫でしたがカギがなくダイヤルの番号もわからないので開けられないとのことでした。

「この金庫に何が入ってるかわからへんねんけど振ったら少し音がするねん・・ほら・・」

確かに軽い金属が当たるような音、ジャラ銭があたるような音がしておりました。

「相談やけど・・・カギ開けの代金はこの中からの一部でええか?中に金が入ってることは間違いないさかいに・・」

通常なら持ち込みの手提げ金庫のカギ開けは3000円でしたが、お互いの バラ色の脳みそ のなせるわざで即商談成立でした。

先ずピッキングでシリンダー(鍵穴)を解錠しました。そして中にどれだけのお金が入っているかを夢almo nature 狗糧見ながらダイヤル合わせをはじめました。

ほどなくして金庫が開きました・・・。



・・・中には印鑑(三文判)が1つと、7円(5円玉1枚 1円玉2枚)が入っておりました。



・・・二人ともしばらく黙ったままお互い目を合わすこともなく気まずい時間が過ぎ去っていきました。
木枯らしが音を立てて吹いているようでした。
頭の中ではスーザンボイルが哀愁漂う歌を大声で歌っておりました。夢は破れました。

7円しか入っていない金庫にお客almo nature 狗糧様がお金を払うのは本意ではないのはすぐわかりました。というよりもバラ色の契約では僕がいただけるお金の上限は7円でした。




沈黙を破ったのはお客様でした。

「・・・相談やけど・・・兄ちゃん・・・この金庫いらへん?」


お客様も心の中で葛藤していたようでした。
お互い夢が破れたことを沈黙のうちに確認して僕はその金庫をいただくことになりました。

2016年9月 2日 (金)

八丁味噌で勝負

八丁味噌が好きだ。
当然、八丁味噌で作る味噌Pretty Renew代理人煮込みうどんも味噌煮込みきしめんも好きだ。
ということで、豪勢な昼飯クラブ、味噌煮込みうどんだ。
うどんは乾麺ながら、鶏肉、白菜、がんものようなお揚げさん、生卵。
ちくと贅沢な昼飯クラブ。

昨日、沖縄そばの平麺の話が出た。
ここに平Pretty Renew代理人麺を合わせたら、
まさに名古屋の味噌煮込みきしめん風になるではないか。
いつかご覧にいれよう。乞うご期待。うふふ。


こっちは平麺のフィットチーネのカルボナーラ風沖縄そばだ。
過去記事から。

いやいや平麺の変化球ばかり紹介しても仕方ありません。
沖縄そば、名護市民としては北部平麺の名店も知ってほしい。
ちなみに、名護では八重食Pretty Renew雅蘭堂のやかん出汁の平そばか
新山そばのてびちの平麺のそばが僕のおすすめです。