« 実際の睡眠ない、睡眠と雲フロートなし | メイン | 私の心には »

2016年12月13日 (火)

昔からの別れ、決別の決別

6816011qzi151

ある画家、斉白石の絵を描いてどうしてそんなに良いですか?また年を取るほどの絵ほどいい?彼が晩年、生活に未練も大切になるほど、身の回りのすべて。
晩年の絵は、赤い唐辛子を初めて見た感じ、また最後に一眼の捨てない情を見ている。」
このような説明、深い私の心。
まるでが分かって、あれらの赤い唐辛子、ハクサイ、小魚小海老、本も落ち着いて常常顔無光が、どうして皆の絵になることがで激光矯視中心き、夢中になって、極めて貴重?だって、みんなペンで絵は万物の表象と、彼と世の中の万物莫逆交差して、一生離れ難い――彼の絵は大切にして、彼の愛と。
もし、世の中の人の愛の情もあるならば、私は、このように1枚の絵画の姿、1つの筆触、それぞれの墨画の目、最も純粋で最も複雑である。これは、熱烈な表現、深長瀋黙、比類なく幸福に、それは、非常に難しい苦しみ、元に会う、また決別。
初めて出あった感じを新鮮な出会いの心、お嬢さんの表現が無邪気で盛實德り上がり、むざむざ止まりません;決別切ない捨て難い、別れの情、私たちが知っている、愛の果てには大切にして。
私は、人の一生は、そうでないような斉白石愛する万物、少なくとも、もですから深いから美に一度愛、たとえただ一人を愛して、1件の事、同じもの。

コメント

コメントを投稿